弾ねこ電脳技研

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想以上にしんどい

近所のお店には安価なものがなさそうだったので、
宇都宮まで行って買ってきたのが先々週のお話。

その場のノリで、ここからなら家まで走って帰れるんじゃ...!

ということで、走ってきました46.4km

無題

いつもなら車で”ちょっと出かけてくる”レベルの距離ですが...

途中何度か休憩し、燃料も補給し

かかった時間は5時間...!


長く、苦しい旅だった。。。

旅の途中の風景などを撮りながらと思っていましたが無理でした。。

辛く、苦しいけれど、達成感と充足感は大きかった。


さて、前置きが長くなりましたが、新しい相棒をご紹介

写真 2

サイクルベースあさひさんのクロスバイク「PRECISION SPORTS」

結局選んだ色は黒...車、バイク、自転車と3つ揃って真っ黒くろ

シカタナイネ

真っ黒すぎるのも良くないので、アクセントに黄色を選んでみました。
これが意外とかっこ良く決まってるんじゃないかな!(満足顔

自転車のインプレッションはまた次の機会にでも。
これは色々いじりがいがありそうだ(にやけ顔
スポンサーサイト

新しい乗り物

お久しぶりです。

Twitterからひととき離れてみましたが、やっぱり何か、瑣末なことばかりですが
発信していないと鬱々としてしまう性分みたいで。。

ということでブログの方でちょこちょこと発信していきたいと思います。


さて、タイトルに書きましたが、とある乗り物を買ってしまいました。
今からもう乗るのが楽しみでわくわくしています。

お披露目は、そうですね。だいたい2週間後くらいになるでしょうか。
それまでは、また

カムバック?

そういえば「さよならFC」から更新していなかったのね

もういい加減スポーツカーからは卒業して、
落ち着いた普通の車に乗って、ようやく大人に...










IMG_2168 (800x598)


なるわけがないじゃないっ!


といことでまた戻って来ましたロードスター。

今度のはNA8Cの中期くらい?
上まで回すともっさりな吹け上がりになってしまう、ちょっと残念仕様。
それでもやっぱりロードスター、運転していて楽しいったらありゃしない。

ロードスターを選ぶ前に色々な車を借りては乗ってみたものの、
しっくりくるものがなく。。

確かに最近の車は素晴らしい。
特にVWのGolfは「自動車の標準」と謳われるのも納得のクオリティでした。
いっときGolfにゾッコンになったものの買わなかった理由が...

『マニュアルがない』

合理性を求めた結果7速ATになったGolf。
確かに「走り」だけを見た場合それでもいいかもしれない。

でも、1つ自分にとって重要な要素が欠落していた。
それは

『操作する楽しさ』

『楽』な車、『速い』車は色々あるけれど、
やっぱり『楽しい』車が自分には合ってるね。

そんな感じで、これからもよろしう。

早寝早起きな日曜日

ひっそりと更新おひさしぶりです。

久しぶりにブログのテンプレートをいじっていたら、
レイアウトが完全に崩れて戻せなくなってしまったので
新しいテンプレートを使ってみました(苦笑

気が向いたらまたちょこちょこいじっていこうかなと思ったり思わなかったり。


せっかく早起きしたのだから何かしようかな?
と外を見てみたらあいにくの雨。
しかも寒い。。

うーん、とりあえずは音楽でも聞きながら、
まだ街が動き始めていないこの静寂を楽しみますかね。

さよならFC

IMG_1283 (598x800)

ロードスターよりも乗ってあげられなかったけど、それでもいろんな所に走りに行ったねぇ。。

旅にはあまり出かけなかったけど、モータースポーツへは数多く参加することがあり、
テールスライドの基本を学べた貴重な車でした。
何分そう簡単にはリアが出ず、出たら出たで突発的で、とにかく性格に難有りだったけど、
それでも何回かジムカーナを体験し、サーキットを走り、ようやくFRの走り方をつかめたと思う。
おかげで狭い道や雪でおしりが振られても怖くなくなりました。

後部座席で、寝返りをうてない状態で車泊したり、
エアコンが壊れてる状態で真夏に三崎にマグロを食べに行ったり、
車載動画を本格的に作ったのもFCだったねぇ。。

これからは新しい主人のもとで、より可愛がってもらえることでしょう。

今までいろんな思い出をありがとう。

描き初め

年賀2012

ようやくお絵かきの方でも年を明けることが出来ました。

USTで配信すること約24時間。
途中何度も寝落ちしつつもなんとか完成までこぎつけることが出来ました。

今年も色々描いていきたいと思いますのでどうかよろしくお願いいたしまする。


メカ屋の集い

IMG_1415 (598x800)

久しぶりに会った仲間たちと盃を交わし、日が昇るまで語り合う。

そんな素敵な時間。

不安定でも走れるヤツ

IMG_1414 (800x598)

そりゃもう、どんなところでも。

でも、70km/hからはフラフラとどこゆくジムニー

エンジンの段付きをなくしたチューニングがされてるため気持よくエンジンは回る。
しかもプシャプシャシュゴーと景気よくブローオフが鳴くもんだから面白い。


けど・・・


やっぱ泥車はうちの好みじゃない。。

早く次の車が見つかるといいな。。

初10辛

IMG_1413 (800x598)

画像を見るだけでも汗ががが

ついにココ壱の10辛を試す時が来たようだ。。。

感想

にがい

ちょーっと美味しい領域を外れてる辛さ。
うち的には、普通に辛さを楽しむならそこまで辛くなくてもいいかも。

翌日はアレがアレしなかったので、まあ大丈夫だろうと。
ただし食べてる間血管が切れそうなくらい血圧は上がってると思うのでチャレンジする人は注意です。

まあ普通頼む人は居ないと思うけど(苦笑

初走りで初勝利

IMG_1412 (800x598)

と、いうことで行って参りましたは埼玉県は入間市に在る「サーキット スタジアム 634(ムサシ)」

大学時代につるんでいたモタスポ関係の仲間たちが一同に集合し最速王者を決定するイベント...
その名も「Sai徐行Racing 最速王決定戦」
何やらシリーズ戦化する動きもあるようなないような?

受付ギリギリのタイミングで到着し、いざ出走準備。
最初に遊び方を教えてくれる教則ビデオを見るわけですが、
すり切れたVHSを見せられるかとおもいきや最近撮った映像が流れてきてびっくり(マテ
皆でぼけとツッコミを入れながら見ましたが、クラッシュした時の対処については真剣です。
ええ。このメンツだと何が起きてもおかしくない。

ビデオが終わり、コースに入る。

おおっ?!

屋内カート場ということで実は期待してなかったのだが、ここのレイアウトは正直びっくりした。
何が凄いって、5mくらいの高低差があるのだ。
上りはまだいい。が、下りはフルブレーキからの鋭角な右コーナ。
つまり空中にダイブするような感じなのだ。
さながらコークスクリューめいたコースに気分はもうワクワク全開。

先に走ってるグループの様子を伺うと、かなり路面はスリッピィだということが分かる。
スリックカートみたいな挙動になるのかと思いつつよく見てみるが、
速い人はゼロカウンターで曲がってるではないか。
完全に遊びのカートというわけでもなさそうだ。
というのも、受付にあったタイム表を見ればどうみても
ガチなカート乗りが叩き出したタイムが書いてあるわけです。

これは負けられない。

というよりも今の自分がどれくらいの位置にいるのか気になる。。

仲間たちとわいわい騒ぎながらも今走ってるグループのタイムと運転を凝視してコピー開始。
しかし一部分しか見えないので今ひとつ勝手がわからない。

習うより慣れよ!

ということでいざ、コースイン。

く・・・食わない。が、がっつり食う所もある。
何でもかんでも滑らせれば良いって感じじゃない・・・が、楽しい!
重ステのダイレクト感は久しぶりだし、リジットな車体の挙動が感じられて心地よい。

ひゃっほーひゃっほーと楽しんでると、後ろから迫ってくる奴が。。

やるのかい?

後ろの様子を見つつ走り続けるも、インフィールドでどうしても追いつかれる。
一度前に出して後ろから見てみよう。

――!?

お・・・追いつけない・・・だと!?

そんなこんなでプラクティス終了。
さっき抜いてったのは誰だ――って、いっくんだと!?
2重にショック。
こいつぁ天性の才能だ・・・でも、経験値だけなら負けてない(と思いたい)
次の走行枠まで時間があるので更に研究。

ふむ。なるほど。そこでそうね。

うん。分からない(爆

コースを真上から見てるとか、オンボードカメラの映像を見てるならまだしも・・・ねぇ・・・
とりあえず最終コーナと1コーナへのアプローチをどうしてるかだけはずっと見続けていた。
みんなばらばらだったけど、多分使えるのはごく狭いラインだけだと予想する。

タイム計測枠

このタイムが決勝戦で使われるタイムになるわけだ。
限られた時間。よく分からないベストライン。そして唐突にμが変わる路面。
がむしゃらに走り続けてもタイムは変わらないと踏み、クリアラップを取れるように最後尾を走行。
とにかく路面状況を見定めることに専念し周回を重ねる。

来た。今だ!

ホームストレッチはアクセル全開にしつつもカウンタが当たらないようタイヤがグリップするラインに乗せる。
1コーナ。
早めのブレーキング。ここもカウンタが最小限で済むように。
壁側タイヤ3本分くらいの領域がグリップするのでそこまでにスライドを終わらせる。
ここで横にスライドしたままそのラインに入ると大減速するので注意。
屋根下ストレートからの左はノンブレーキで切り込み、
続く右へ振りっ返して進入。
ここはスライドさせすぎて減速してるのでベストラインはこれじゃない。
山をかけ上がりそのまま右へ。
屋根上ストレート。
コークスクリュー前でがっつり一瞬ブレーキで速度調整後、すぐアクセルを踏み込み横になりながら坂を下る。
これが慣れなくて怖かった。。
そのままアクセルの微調のみで続くS字をクリア。
最終コーナ。
実はここがネック。
ミドルから外は全然食わない路面。
外に行けば行くほど前に進まないのが分かったのでインを付く。
すると気持ちいいくらいにゼロカウンターでゴールラインを切ることが出来る。

さあ、どうだ!

・・・・・・

トップタイム!来た!

27'7とここのレコードからすれば5秒も離れているが、これが今の限界。
これ以上速くなるためにはもっと研究しないとダメだろう。。

続く決勝。

グリッドはタイム順。
しかし2、3位とタイム差はほぼ皆無に近い。

シグナルが点灯。。

START!

軽く接触するもトップを守って先行。
最初の1コーナさえ抜ければこちらのもの!
タイム差が無いということは余程ミスをしない限り抜かされないということ。
特に先ほど衝撃を受けさせられたいっくんは立ち上がり重視のライン。
悪いが、あえてのツッコミ重視で攻める。
予想は的中。明らかに立ち上がりでつつかれる状況。
あとはどこまで集中力が持つか・・・

数周したところでいっくんが離れる。
更に離すためにちょっと走り方を変えるか・・・と思ったのが運の尽き。
コークスクリューでオーバーランし壁に激突!
やばい!と思って後ろを見るといっくんも突っ込んできた―?!
危ない危ない。。
余計なことをするもんじゃないと走行続行。
後続のプレッシャが薄くなったのでタイムを見る余裕が出る。
出してるタイムは先程のベストと同じ27.7。
再現性があって素晴らしい、が、これが壁になってるのも事実。
まあでもすぐ後ろには居ないから大丈夫だろうと、とにかくミスだけはしないように走る。

ラスト3周あたりか

屋根下ストレートからの左コーナでちらりと後ろが見えた。

近づいてる。

そんなまさかと、屋根上にあがり、コークスクリューを下がる。

――いや、確実に近づいてる。

おかしいぞ。どういう事なんだ。。?

コーナを抜ける度にどんどん近づいてきている。

ラスト1周。

完全にロックオンされた、が、なんとか先行を死守。
勝った!
が、どういう事なんだ。。自分のラップタイムを見ても、それほど遅くなっていたわけでもない。
ちょっと見せて、と覗いてみると、ラスト5、6周のラップタイムが
うちよりも0.5秒早いタイムで走り続けてる?!
これが・・・これがハチロク乗りの才能ってやつか・・・

辛くも勝利を収めたわけだが、生まれて初めて表彰台の頂上に立つことが出来た。
嬉しかったが、どうやらまだまだ修行が足りないようである。。


とまあ、長くなりました、が

つまるところものすごく楽しんできました。

カートに興味はあるけどやるには敷居が・・・という方も楽しめるよう、
ここ「サーキットスタジアム634」では走行に必要なものの殆どを貸してもらえます。
着の身着のまま、長袖長ズボンだけ着用していけば誰でも手軽に楽しめられます。
仲間内でのパーティレースや職場の同僚、上司も呼んでの
ケジメレースなんかも良いんじゃないでしょか?
(ワタシはご勘弁願いますがっ)

そんなこんなで週末カート。ぜひ行ってみてください。楽しめると思います♭

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

「サーキットスタジアム634(ムサシ)」
サーキットスタジアム634 公式ページ

〒358-0014 埼玉県入間市宮寺3186-10

◆圏央道 入間I.C.
関越自動車道と中央自動車道を結ぶ「圏央道」の
入間インターチェンジ「瑞穂、八王子方面」 出口
から約1分

◆国道16号線沿い
首都圏をぐるりと囲む環状線、国道16号沿いに
位置し、コストコホールセールの向かい

◆電車でご来場のお客様
西武池袋線 「入間市駅」南口下車
→西武バス 三井アウトレット行き乗車
→「船久保工場前」下車 徒歩3分
 
FC2カウンター
 
 
中の人

弾猫

Author:弾猫
猫科の人間
人生のんびりまったり。
原動力は好奇心!
乗り物と音楽とラッキーストライクをこよなく愛する。

 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ブロとも一覧
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。